賃貸物件に住んでいて注意する点はいくつかあります。

賃貸物件で気を付ける点

賃貸物件に住んでいて注意する点はいくつかあります。まずは、預けた敷金をなるべく返却してもらえるような方法です。まずは、壁紙に穴をあけたり破いたりしないように注意するようにしましょう。画鋲なども数個なら大丈夫なこともありますが、あまりたくさん画鋲を打ちすぎると穴だらけになってしまい、敷金から壁紙の交換代を差し引きますと言われないように気を付けたいものです。また、エアコンから水が出てきたり、窓を開け放して雨が降ってきた時にはすぐ水を拭き取ることが大切です。放置しておいてカビが生えた場合にも原状回復費用を請求されることがあります。同様に、カビの生えやすいバスルームやキッチンなどもたくさんカビが生えないようにこまめにお掃除するのが良いです。室内もいつもきれいに保っていれば退去時まできれいなまま維持できます。

次に、共同生活のルールは守りましょう。夜間や早朝に騒いだり、洗濯機を回したりすると隣や階下の人に迷惑を掛けることがありますので、注意した方が良いです。一人暮らしの場合、頻繁に友人を宿泊させると複数で住んでいるというようにみなされることもありますので週に1回程度にする方が良いです。賃貸物件を借りる際には契約書を交わしましたが、物件によって禁止事項などがある場合があります。ペット飼育や楽器演奏などで禁止になっているものを守れないと退去という話になってしまうことになりますので気を付けましょう。

Copyright (C)2018契約前にちゃんと確認!賃貸物件の諸条件.All rights reserved.