賃貸物件を探すにあたっては、不動産会社のお店に行って物件広告を閲覧する前に借りたい部屋のイメージをまとめておくことが大切です。

賃貸物件探しで間取りの希望を整理する

賃貸物件を探すにあたっては、不動産会社のお店に行って物件広告を閲覧する前に借りたい部屋のイメージをまとめておくことが大切です。お店に行くととてもたくさんの物件広告がありますから、ひとつひとつ見ていくのはとても時間がかかります。事前に借りたい物件について希望条件などがまとまっていれば、その条件に合う物件情報をピックアップすることができて効率よく探せます。また物件を探してくれるスタッフさんからしても、希望条件が整理されていればその時手持ちの物件情報の中から条件に近い物件を探しやすいはずですから優良物件に出会える可能性が高くなります。そのためには、まずは漠然としているものも含めて希望やこだわりを紙に書き出してみるとスムースです。ひと通り書き出せたら、それらに優先順位を付けておくと物件探しで迷った時にとても役に立つはずです。

借りたい物件のイメージをまとめるには、家賃の予算・エリア・間取りが大きなポイントになります。予算には、家賃だけではなく共益費や駐車場利用料なども組み込んでおけば安心です。エリアと家賃には密接な関係があり、駅までの距離やその駅の利便性で家賃の相場が変わります。よって、最初からピンポイントでエリア指定をしてしまうよりも広めの範囲で探す方が物件情報の選択肢は多くなるはずです。間取りについては、広告を見ると部屋のレイアウトや収納スペースなどいろいろな情報を得ることができますが、現地見学をして広さなどを自分の目で見ることが大切です。居室が狭くても、収納空間が充分あれば広く生活できますし、逆に面積が広くても収納機能がなければいろいろな物を床に出して生活することになりますから広さを生かすことができないこともあります。そのため、間取りや広さについても幅のある条件を設定しておくとよい物件に出会える可能性が高くなります。

Copyright (C)2018契約前にちゃんと確認!賃貸物件の諸条件.All rights reserved.