賃貸契約には、普通借家契約と定期借家契約というふたつの種類があります。

賃貸物件の契約形態普通借家契約と定期借家契約

賃貸契約には、普通借家契約と定期借家契約というふたつの種類があります。一般に賃貸契約と呼ばれているのは普通借家契約で、一年以上の契約期間を設定して契約をし、その契約期間が満了になったら正当な理由がない限りは借り手の希望があれば契約の更新をすることができる契約形態です。普通借家契約では、2年間契約が主流です。貸し手サイドから契約の解除をすることは原則的にはなく、大家さんがその物件に住まなければならないなどの正当な理由がない限りは契約の更新が可能とされています。また借りている人からの契約の解約については、その申し出をいつまでに申請するかなどの制約を設けた上で認められているのが一般的です。賃貸物件を探していて、物件広告に特に記載がなければ普通借家契約であり、実際に流通している賃貸物件のほとんどは普通借家契約となってぃます。

普通借家契約に対し、定期借家契約では契約の更新制度がなく契約する時に取り決めた契約期間が満了になったら自動的に退去・明け渡しとなるのが特徴です。定期借家契約の物件では広告にその旨が必ず明記されています。さらに、実際にその物件に契約する際に交わす契約書においては、貸し手や不動産会社は契約期間を明示し定期借家であることを再確認する義務があり、定期借家契約についてその契約期間などに関しては公正証書のような正式な形で交付されるのが一般的です。定期借家契約は、例えば転勤などで空き家となってしまうマンションを賃貸するケースなどに見られます。契約期間が満了した時点で、借り手と貸し手の間に合意が成立すれば続けて賃貸契約を交わすことも可能ですが、その場合でも契約の更新ではなく再契約という形になりますから礼敷金や書類なども新規契約の時と同じように用意することとなります。

Copyright (C)2018契約前にちゃんと確認!賃貸物件の諸条件.All rights reserved.