賃貸物件の広告に、契約形態という項目があります。

賃貸契約の普通借家と定期借家

賃貸物件の広告に、契約形態という項目があります。賃貸契約の形態には、普通借家契約と定期借家契約の2種類があります。一般に賃貸物件を借りるというのは、普通借家契約のことを指しています。普通借家契約では、1年以上の契約期間を定めて賃貸借契約を締結してその契約期間が満期になったら基本的に更新することができます。更新というのは、期間が満了しても借り手の人が続けてそこに住む希望があれば継続手続きができることです。貸し手の方から契約の解除をすることは基本的にはできず、やむを得ない事情があって大家さん自身がどうしてもその物件に住む必要が生じたなどの正当な理由がなければ貸し手は更新を拒否することはできないのが特徴です。普通借家契約では2年間の契約期間が一番多くなってぃます。

これに対して、定期借家契約ではその物件を借りて住むことができる期間がはっきりと決められていて、その期間が満了したら自動的に明け渡し・退去となるのが特徴です。定期借家契約では更新手続きの制度がなく、賃貸契約を交わす時に取り決めた契約期間をもって契約は終了となります。定期借家契約で入居者を募集するにあたってはその旨を借り手にしっかりと告知しなくてはなりませんから、賃貸物件広告にも契約形態として定期借家契約と明記されています。ただ、実際に市場に出回っている物件はそのほとんどが普通借家契約になっています。定期借家契約で賃貸に出される物件は、例えば海外転勤などで自分のマンションに住めなくなった人が代わりに住んでくれる人を探すなどのケースが代表的です。定期借家契約では、契約期間その他については公正証書などの正式な書面をもって確認することになっています。

Copyright (C)2018契約前にちゃんと確認!賃貸物件の諸条件.All rights reserved.